鮮度、串打ち、味つけ、焼き

広島、福山市の焼き鳥居酒屋「串や」では、
おいしいものを気軽に楽しんでほしい。
そのために手間暇は惜しみません。
店主自身が納得できる串をお客様にお出しできるよう、試行錯誤を重ねた串焼きをぜひお楽しみください。

鮮度を見極める 職人の目

お店に並ぶのは、店主が実際に味を確かめ、認めた厳選食材のみ。
お肉は使う部位によって産地も違います。
また、鮮度にも常に目を光らせています。
仕込みの途中でも、焼きの最中でも、これは鮮度がよくないと分かれば
お客様にはお出しません。

串うちはよりおいしい焼き

串は刺すのではなくうつもの。
手早くおいしく焼き上げるために位置を考えてうっております。

仕込み

旨味を引き出す焼きの技

食材の旨みを引き出す焼きの技は、日々試行錯誤の繰り返し。
タレの絡みをよくするために小さな焦げを作るなど、より良い技を追い求め続けています。

十二年継ぎ足した秘伝のタレ

当店のタレはよくある焼鳥屋のものと比べて粘度が低く、「漬けては焼く」の工程を何度も繰り返し、じっくり焼き上げます。
手間は掛かりますが、自分が一番美味しいと思える味を出すためにこの焼き方を続けています。

タレ

塩

2種の塩がかきたてる旨味

全体になじませる下味の塩だけではなく、焼きの仕上げにも特製の「焼き塩」を使います。
段階を分けて味をつけることで、食べた瞬間の旨味を引き出しています。

多彩なお品書きはコチラ

お集まりの際にもぜひ

最上部へ